前へ
次へ

病院処方の下剤よりゴボウや果物に野菜類の食物繊維を

便秘で悩める乙女は実は意外と多く、お腹が張って仕方なくなると、病院で下剤を処方してもらうこともできますが、腸をキレイにするならば、普段の食生活を少し見直すのも良い方法です。
病院処方の下剤は強力ですが、効果が強くて下剤無しで出なくなってしまっては元も子もありません。
食繊維を食事の中で食べるようにすることで、悪玉菌の働きが弱くなり、善玉菌をふやして腸のぜんどう運動を促進させることが可能です。
水分が80%を占めるのが便ですから、水分を吸収する食物背の多い食材を食べることで、腸の中では便のかさを増やすことになります。
腸内では緩やかに便が排泄されるように促されますので、スムーズなお通じにつながりやすいです。
たっぷりの食物繊維は野菜に含まれていますので、基本的に葉物野菜や芋やゴボウなどの根菜類には豊富ですし、こんにゃくや豆類に海藻類にもたくさん含まれています。
ビタミンCの方が注目をされる果物ですが、特に旬を迎えた果物には、ビタミンだけではなく食物繊維も豊富です。

思春期のお肌のお悩みは大阪市阿倍野区天王寺駅の皮膚科へ
お困りのにきび、種類と状態を見極めてきちんと治療していきます

感染予約制で一人一人丁寧な施術を行います

東京で不妊治療ならこまえの不妊ルーム
患者様目線にたった治療方法をご提案させていただきます

漢方薬のメーカーもきちんと選んでくれる東京の不妊ルーム
患者様の体質に合わせたメーカーをご紹介いたします

かんざき歯科クリニック
当院では、患者様をできるだけお待たせしないように予約制を導入しています。お電話でのご予約はこちらへお問い合わせください。

Page Top